スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆1月ご予約受付中!☆キャストインタビュー公開【睦月始役・鳥海浩輔様/その1】

Kさんが視聴用データを頑張っているので、私も頑張ります。
……ということで、サービスサービス!
アップ仕立ての、1月のキャストインタビューもご紹介です。
どーん!

視聴がはじまったばかりの楽曲についても、語って頂いていますので、ご注目ください。
収録が終わったばかりの生々しい感想もありますよ(笑)!




1_01.jpg


●『ツキウタ。』シリーズに関しまして

(1)『ツキウタ。』企画を初めて知ったときの印象は?

ありそうで無かったなぁ、と。
擬人化の中でもありそうで無かった月がモチーフで歌があって…それに、アニメやゲームといった原作がない、完全にオリジナルでってなると……うん、ありそうで無かったという感じですかね(笑)。

(2)企画に参加するにあたって心がけたことを教えてください。

そこまで何かを気負って、という事は無かったですね。
特に僕の場合、スケジュールの関係でドラマより先に歌のレコーディングがあったので、キャラのイメージを用意して行くというよりは、やりながら仕上げて行く感じでしたね。
ドラマはドラマで、歌は歌での演出があるじゃないですか。
スタッフの方と一緒に収録をしながら、自分の中に浮かんだものを信じてやりました(笑)。
もともと普段から、役作りのスタンスとして、なるべく先入観や、イメージを持たないようにしてるんですよ。
現場でスタッフと話をして、その場で構築していくのが僕のやり方なんです。
イメージを付けてしまうのが好きでは無いというか、偏っちゃうと良くないというか。僕以外に、全体を見て演出をする方がいらっしゃるので、僕が固定観念を持っていくと、間違っていた時に直すのが大変という、現実的な理由もありますけどね(笑)。
だから実は、自分がもともと知っていたり、好きな漫画のキャラをやる時が、一番大変なんです(笑)。
そういうときは、フラットにフラットにって、別の方向で心がけてますね。

(3)楽曲を初めて聴いたときの感想を教えてください。 

既存の、所謂『キャラクターソング』というものでは無い感じの音楽でしたね。
まー難しかったですよ(笑)。うん、とても、難しかった。
“ここの音の次は……ここ!?”とか(笑)。
これまで僕がやってきた歌とは違う音運びというか、メロディラインで、単純に技術的にも難しいと思いました(笑)。
勿論、とても格好良い曲だったんですけどね。
もともと、和風のニュアンスがある音楽が僕は好きなので、そういう意味でも、好印象でした。
一曲目が特にそうで、二曲目も昭和を生きて来た身としては(笑)好きな感じですね。若干懐かしの『歌謡曲』に繋がるような……。
最初に言った通り、あまり普通にキャラソンとして歌う事が無いジャンルの歌だったので、そういう意味で新鮮だなとも思いました。

(4)曲の中でお気に入りの部分、難しかった部分等、思い入れの深いところはありますか? 

とにかく難しかったんですよ、本当に(笑)!
歌詞も漢字ばっかりでしたし(笑)。
若い人はこういう感じが好きなのか、としみじみ思いました。
とはいえ僕自身も、さっきお話した通りに、結構好きな和風の感じで……でも、それを補ってあまりある難しさ、ということですね。
特に難しかった部分?
もう全部、難しかったですよ。ふふふ。
最後に、「難しい曲ですみません」って、作曲家さん本人から言われましたからね(苦笑)。

———難易度の高い収録だったんですね。お疲れ様でした。

はい、と、ここは素直に頷かせて頂きます(笑)。
でも、難しいだけではなくて、ジャパメタって言えばいいんですかね?
とにかく、普通の『キャラソン』とはかなり違った印象なので、非常に面白くもありましたね。
……技術的な事は置いといて、ですよ(笑)?
さぁてどうしてやろうか、と闘志を煽られつつ、収録後の感想は……「終わった…!」という感じで、燃え尽きてました。

———どんな感じに仕上がったのでしょうか?

終わってみて思うのは、僕にとってはキャラを背負ってるようで背負っていない、久しぶりに、最近していなかった歌い方をしたなと思います。
キャラでもない素でもない、全体の雰囲気に酔うというか、浸かるというか……。聴いて貰えれば、分かる……かな(笑)?
少なくとも、僕自身の中では、違っていましたね。

———なるほど。鳥海さんの新たな魅力を発見出来るんですね。

魅力かどうかは分かりません(笑)。
“ねっとり”と言うか……なんて言えばいいんだろうな。胸を響かせる感じです。
あくまで僕のイメージとしては、ですよ。
広がりのある感じで……。
うん、まあでも、出来上がったものを実際に聴いて貰ったら、「いつもと同じじゃん!」って思う人がいるかもしれませんね。
僕の中では、ということでお願いします(笑)。

(5)担当して頂いた月は『1月』です。1月といえばこれ!というものはなんでしょう?(食べ物でもイベントでも行事でも何でも結構です)また、それにまつわるエピソードがあればお教えください。

お正月!
これは完全に『お正月』ですね。
他に大してイベント無いですからね。その分お正月がどーんと頭に浮かびますね。
成人式もありますが、僕自身は、もういい大人ですからね(苦笑)。
これまでの人生の折り返し地点ぐらいが、成人式だったので、遠い過去のお話です。

———それでは、鳥海さんにとって『お正月』とは、ズバリなんでしょう?

長い休みがある期間、です(笑)。
業界全体も動いていないという、珍しい期間ですからね。
僕自身も、お仕事的にGWとかお盆休みとか、世間一般のお休みや連休とは関係無い暮らしをしていますし、……というか、寧ろそういう時が一番忙しいですし(笑)。
有り難いお話ではありますが、どうしてもそうなっちゃいますからね(苦笑)。
一番ゆっくり出来るのが、お正月を含めた年末年始という事で、貴重です。

———12月担当の梶さんとお答えがかぶりました(笑)。

それは、仕方ないでしょう(笑)。
皆、同じことを考えているということですね。

———ちなみに鳥海さんは、どんな風にお正月を過ごされるんですか?

あはは、普通ですよ。実家に帰ってます。
実家に帰って、家族とのんびりしたり、あと地元の昔の仲間と呑んだりくらいで、だらっだらしてます。
あとは……箱根駅伝が楽しみです(笑)。ほら、本当に普通でしょう?
仕事が始まれば日常に戻ってしまうので、仕事がないこの時期は、一年で一番気を抜いてる時期なんです。
いつもだと、例えば一日お休みがあっても、次の日の宿題……台本を読んだり、収録の準備をしたり、何かしらをしていますからね。
だからそういうのを全くしない、仕事の事を全然考えないっていうのは、珍しいんです。
次の日の事を考えなくていいのは、良いですよね〜。
行き当たりばったりで、思いつきでテレビを付けて、面白い番組がやっていれば特番を見たりして、本当に普通のお正月です(笑)。





その2へ続く!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ツキウタ。公式

Author:ツキウタ。公式
『ツキウタ。』公式アカウント
「ツキウタ。」に関する情報を発信していきますので、どうぞお楽しみに♪
★記事内の画像及び文字に関して二次的配布や無断転載は厳禁です★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。